スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白歌合戦 サプライズゲスト

なんと!紅白に永ちゃんが!(ワシ、興味ないけど^^) しかし、発表したらサプライズでも何でもないけどな! もう少し演出しれよな!!
スポンサーサイト

『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』 発売禁止

209093.jpg

『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』という絵本が発売中止になった。 おじいちゃんが孫二人とからくりを使って江戸の様子を探索するというほのぼのした物語だそうだが(見ていないのですまん^^) そのおじいちゃんがパイプを燻らすのが問題だと 「タバコを礼賛する内容が記載され、WHOタバコ規制枠組み条約に違反する、また日本たばこ産業株式会社の関与が疑われる」などの抗議があったというのだ。 それで出版社も発売禁止になってしまった。

 全く、くだらないの一言だ。 いちいちそんな事に目くじらを立てる人も問題だがあっさり発売を辞めてしまう出版社も問題だ。 あまりに腰抜けではないか。 タバコが体に悪いなんてのは誰でもわかる。 なぜこんな時代になってしまったのか、嫌になってしまう。 昭和のいい時代が懐かしく思うのはこういう所にもある。

 人間が激しく融通が利かなくなった。 自分の意見だけを声高に訴える人間が増えた。 昔は、ばあちゃんや母親によく言われた言葉「人は人、自分は自分」 タバコを好きな人が居れば嫌いな人もいる。 ワシはタバコが嫌いだし、全く吸わないがだからといって他の人に「吸わないでほしい、タバコが無くなって欲しい」とは思わない。 そりゃ間近で煙をムンムンされるのは嫌だが、わきまえて吸ってくれれば文句はない。

 それに江戸の物語ではキセルなんてのは欠かせない文化ではないか。 煙を燻らせ、ぽんぽんと吸殻をすてるしぐさも日本の歴史だ。 ワシのオヤジも煙で輪を作ったり、汽車のように小っちゃい輪っこを連続でだしてくれた思い出が今もある。 


 出版社は子供に江戸の文化や日常を伝えたくてこういう本を出版したと思うが、そんな思い、作者の気持ちなど抗議をした人間の頭の中には欠片も想像出来ないのだろう。 とにかくタバコ反対で目的意識だけが優先し、自分は満足だろうが、その本を見て育った子供や、これから読んで江戸に興味を持ったかもしれない子供の事を考えると随分、無駄な結果になったんじゃないかと寂しくなるばかりだ。

 出版社も「子どもの文化に関わる出版社として、今後は、子どもたちの未来と、その未来をとりまく環境にいっそう配慮してまいります。」なんて言葉で逃げないで堂々と戦わないと今後ますます、自分たちの首を絞めることになる。


 なんでもかんでも抗議する大人、 それをあっさり謝罪して逃げる大人。 これほど子供の未来に悪影響な事があるだろうか・・ 

NSP 夕暮れ時は淋しそう

fsmwg201-img448x336-1195209437p1010033.jpg

個人的に思い入れは無いがラジオを聞いていると時たま流れてくる。 実に地味な田舎くさいフォークだが「NSP」(ニュー・サディステック・ピンク)というあまりにもそぐわない名前が余計にインパクトを与えるのだ。

 田中義剛が「ニューサディステックピンクショー」という看板でコンサートを開いたらタイトルに勘違いした女の裸目的のオヤジが沢山集まったというネタを披露していたがホントか嘘かは定かではない。 

 さて一番のヒット「夕暮れ時は淋しそう」であるがこれがまた実に惨めくさい歌詞なのだ。 勝手に自分で決めた「情けない男の歌」の1~2位を争うくらいだ。

 歌詞の中では主人公の男が夕暮れの川原に彼女を呼び出すのだが(彼女なのかただの友達なのかは不明だが)いきなり「呼び出してごめんごめん」と弱気なのだ。 そのうえ「笑ってくれよ・・・そんなにふくれちゃ嫌だよ」と呼び出しただけでもう彼女を怒らせているとは全くの脈無しである。 

 更に「もうちょっとだけ一緒に居よう 帰りたいなんて言わないで」という始末。 帰りたいとハッキリ言われる時点で終わりである。

 ダメ押しは「そうか君は笑うのが下手になっちゃったんだね」と自分の嫌われぶりをまるで感じていない感の鈍さなのだ。 

 そしてダメ押しのダメ押しに「僕を困らせないで そろそろ笑ってくれよ」 ともうここまで来れば完全にストーカーの域である。 心から犯罪にならない事を祈るばかりである。

今年の紅白歌合戦

紅白出場歌手が発表された。 もう近年の紅白には期待など無いが死ぬほどつまらない出場メンバーだ。 さすがにもう紅白もやる意味があるのかと言うくらいつまらなくなった。 知らないメンバーも多数いるし、演歌陣にしても旬が遥かに通り過ぎた人ばかり。 TVで「紅白に大物出場!」と出ていたので「まさか、百恵が・・・ キャンディーズか?」なんて見てみると「嵐」だった。 アゴが外れその場に膝ま着きしばらく失神していた。 おまけに「前川清」は落選。 和田アキ子が毎年でるのも判らない。

 TOKIOが歌う姿なんか滅多に見ないし、北山たけしはサブちゃんの息子としてだけしか価値が無い。こんなものを見て年が越せるんだろうか。こりゃあもう、夜9時になったら70年代紅白のビデオを流し、蕎麦を食うしかない。 それが一番楽しそうだ。

高山 厳  心凍らせて  レコード大賞?

2.jpg

1993年はまだなんとか演歌が生きていた。 マルシアも歌っていた。 いまではもう、なんだか怒りっぽいおばちゃんにしか見えない。 その年、「心凍らせて」が大ヒットの兆しを見せていた。 まだまだ演歌の多かった「STVラジオ」からも頻繁に流れ、その曲調の良さに「こりゃ久々の演歌大ヒットだな」とおもったものだ。 

まず、イントロがいい。 名曲はやはりイントロも印象深いものが多い。 イントロが良いとそれだけで一曲ぶんの満足感があるものだ。 同じメロの繰り返しのイントロだが曲に向かうにつれ盛り上がりがあるのだ。 声はなんだかか細い様な薄幸そうな歌声だが(すまん^^) それがまた曲調に合っているのだ。

 曲のはじまりからジワジワ盛り上がって行き、サビの「こころこおら~せて~」で一気に爆発するのだ。この1993年くらいになると演歌のヒットもなかなか難しくなってきたが、この曲はイントロなど、編曲も見事で完成度は高い。 苦節10何年という自信の生い立ちがまた歌に味を加えている。 「日本有線大賞」に選ばれた時は若造ながら「頑張って良かったねえ」などと感慨深く思ったものだ。

 「有線大賞」を獲ったのだからもう年末の「レコード大賞」も間違いないだろうと見ているとなんとレコード大賞は・・・・・「無言坂  香西かおり」!! なんという事だ。思いもよらぬ発表に唖然としたのだ。 「無言坂」もいい曲ではあるが、オリコン30位の「心凍らせて」を差し置き、オリコン100位にも入らなかった「無言坂」がレコード大賞とは・・・  自分の中の「レコード大賞」は完全に終わった。
プロフィール

oyaji69

Author:oyaji69
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。