スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ばあじんロード」 悲惨なオーディション  若林志穂

思い出すのも滑稽でこっぱずかしい。 1984年、だったかなあ・・  親が突然「これ応募しといたから」と一枚の新聞切抜きを持ってきた。  そこには「映画 ばあじんロード オーディション」 とデカデカと掲載された告知が載っていた。 「なにいいい!?」 ワシは唖然とした。 ワシは芸能など興味も無く、人前で歌を歌った事も無く、ましてやオーディションに参加するなど考えられなかったからだ。 しかも両親が勝手に応募するなど信じられなかったのだ。 何をトチ狂ったのかと理解できなかった。

 若林

 おそらく、全く勉強もしないわしの将来を案じて一発大勝負に出たのかも知れない^^ しかし受けざるを得ない状況になってしまった。 応募要項を見ると、自分のプロフィールを書いた用紙と課題曲「テレフォン・キッス」をテープに吹き込み送れとあった。「誰やねん!若林って!」 いかにも売れない曲を捌くかのような作戦だが、他の曲でもいいという事なのでワシはなぜか「我が青春のアルカディア」(渋谷哲平)を吹き込んだのだった。 一人部屋でボソボソテープに吹き込む自分はかなり不気味であった。 



 そもそも「ばあじんロード」ってなんだべと、新聞を見ると「金井たつお」のコミックらしい。 おおおお、知っとるぞ! ジャンプで「ホールインワン」ってやってたなあ!などと思い出しながら見ていると、
「チビやデブみんな集まれ!」(そんな酷い表現では無かったけど)要はいろんなタイプの人を探していますよ!といううたい文句だった。 これでかなりの人数を集める作戦だろう。 だいたい、そんな脇役タイプを全国オーディションする訳も無いのだがこれで「自分でも受かるかも?」という純真な少年少女を罠にかけるのである(いいのかそこまで言って)
bargin-1.jpg

第一次書類審査を終え、なんと合格通知が来た。ワシには見込みがあるのかも知れん(ねえだろ)
この一時審査は大部分が通るだろう事は第二次審査要綱で明白なのである。
第二次審査は札幌市民会館大ホールにて行われる。 参加費は三千円!(4千円だったっけ?)とにかく高額なのだ。 もう、全国金集め大会である! ワシは「馬鹿馬鹿しい!」と思っていら親は「お金払うから行くよ」と言いやがった。 これだけ浮かれた親を見るのは忍びなかった。

 オーディション当日はワシ野球部の練習試合があったのだが親が手を回し、欠席しますと連絡を入れた。 何がそこまでさせたのか? もう訳が判らない。 友人も面白がって応援に行くぜ!と3人着いてきた。もうお祭り気分である。  


 会場に着くと、いるわいるわ! 市民会館の前がオーディション希望者のやまになっていたのだ!「がが~~ん!」 なんだ、この浮かれっぷりは・・・・  周りの若人たちは思い思いのお洒落をしていかにも「気合入れてきました!」ってな感じで「受かったらどうしよう!」なんておめでたい会話も聞こえてくるのだった。 一方、ワシと言えばボーズ頭に学生服! お前は藤正樹か!といういでたち。
 
藤正樹/忍ぶ雨
もう受け狙いとしか見られないだろう。 会場に入ると、ステージ上で「若林志穂」や「エンドレス」(だったかなあ?)のライブがあり、それが終わると、オーディション開始だ。 ひとりづつステージ中央のマイクに立ち挨拶をするのだ。 緊張してる人やステージを側転しながら降りてアピールする人なんかが居て実に微笑ましいのだ。 そして遂にわしの番が来た。 ワシはボソボソと自己紹介をしてお辞儀をした。 そしてワザとマイクに頭をぶつけた^^ こんなベタな挨拶でも結構うけた^^

 中でも驚いたのは挨拶をしてる人の中にクラスメートが居たのだ。 とたんに恥ずかしくなった。 最後はどこかの少女がグランプリに選ばれオーディションは終了した。 当然の如く、ワシは箸にも棒にも掛からず帰ってくる事になった。 ただマイクに頭をぶつけた事は友人に褒められた^^

 しかし、その後「ばあじんロード」は映画化される事も無く(Vシネマで製作?)、札幌大会で合格したあの人はどうなったかな~とか集めまくったお金はどうしたんじゃい!とか思い出すのであります。 北海道のみなさん! 当時、オーディション行った人いますか? 

 
スポンサーサイト

福田君を殺してなんになる? 

例の山口の事件の実名本のタイトルである。(事件の名前を言う事でさえおぞましい) いまさら名前を出す、出さないで揉めているのはあまりにも滑稽。 その気になれば名前どころか顔写真だって簡単に判るのだ。 命は地球よりも重い。 なんだか良く言われるフレーズだがそうだろうか? 

 理由も無く強姦、殺人、果ては赤ちゃんまで殺した人間の何が大切だと言うのか? 極論を言えば、殺すも生かすも被害者遺族に委ねるべきだ。 それをよってたかって死刑反対論者の弁護団が無茶苦茶な理由をつけ無罪を主張する。 なんの痛みも伴わない部外者が犯罪者の命を主張し、現実離れした美談を展開する。 誰もかれもが自分が正しく、美しいと勘違いしたいのだ。

 何よりも考えなければならないのは被害者家族の事。 でも現実はまったく逆になっている。 自分が被害者になったらどうなのか? これを想像できない奴らが多すぎる。 皆さんは現在生きていて、周りの人間の命は大切だと感じて生きているだろうか? そりゃ家族、親族は思うだろう。 でも道ですれ違う他人、嫌味を言う上司、気に入らない奴の命を考えるだろうか?

 はたまた、自分が困っている時、誰か他人が健康、命まで心配してくれるのか?

 なぜに凶悪な犯罪者だけがこれだけの弁護団、擁護派に保護されなければならないのか? 弁護と言うより過大な優遇としか思えない。 もし自分がこの被害者だったら犯人が出てくるまで何年でも待ち続け、自分の手で殺す。 「犯人を殺して、妻や赤ちゃんが喜びますか?」とい愚問が来たら「涙を流して喜んでいるでしょうね」と答えたい。

東京落選 オリンピック!

TVで東京落選のニュースを聞いたとき「ああ よかった!」と思った。 TVではやたらとオリンピック招致賛成なコメンテーターばかりだが実際どうなんだと思う。 無駄な公共事業縮小の流れのなか今、オリンピックをやる必要が判らない。 大体、招致活動だけでも莫大な税金が使われていると言うのに。

 
それにしてもTVのコメンテーターは腰抜けだ。無駄な金を使うなと一喝する奴は居ないのだろうか。 石原のなんの根拠も見えないはしゃぎぶりにも呆れるが、誘致活動に参加した、室伏、高橋尚子も実にみっともなく見えた。 そりゃ競技者であるからして東京にオリンピックを呼びたいのは判るが、それにかかる費用、箱ものの建設費の事は考えないのだろうか? なんだか選挙に担ぎ出されたタレント並にかっこ悪い姿だった。

 経済効果は3兆円と言う。 それこそ何の根拠も無い。 ある一部の人だけが恩恵を受けるのは想像に難くない。 しかもオリンピック用に建てられた施設はいずれ維持費だけで赤字になるのが目に見えている。 庶民もへったくれも無い、石原の道楽遊びはもうウンザリだ!

くだらねえ!

ニュースで夫婦別姓の法案提出の話をしていた。 担当大臣は「職場での不具合、 男女平等の観点から・・・」だと。 くだらん。 男女平等という言葉が一番きらいだ。  平等だの、別姓だの言い出すなら結婚しなきゃいいじゃんと浜っ子でも無いのに言いたくなるのだ! 

 そもそも結婚制度なんてすでに破綻している。 これだけ離婚が多い世の中だとはなから結婚しないほうが幸せかも?とさえ思えてくる。  別姓とか、平等とかもおおおお 何もかもめんどくせえええ!!!
プロフィール

oyaji69

Author:oyaji69
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。