スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』 発売禁止

209093.jpg

『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』という絵本が発売中止になった。 おじいちゃんが孫二人とからくりを使って江戸の様子を探索するというほのぼのした物語だそうだが(見ていないのですまん^^) そのおじいちゃんがパイプを燻らすのが問題だと 「タバコを礼賛する内容が記載され、WHOタバコ規制枠組み条約に違反する、また日本たばこ産業株式会社の関与が疑われる」などの抗議があったというのだ。 それで出版社も発売禁止になってしまった。

 全く、くだらないの一言だ。 いちいちそんな事に目くじらを立てる人も問題だがあっさり発売を辞めてしまう出版社も問題だ。 あまりに腰抜けではないか。 タバコが体に悪いなんてのは誰でもわかる。 なぜこんな時代になってしまったのか、嫌になってしまう。 昭和のいい時代が懐かしく思うのはこういう所にもある。

 人間が激しく融通が利かなくなった。 自分の意見だけを声高に訴える人間が増えた。 昔は、ばあちゃんや母親によく言われた言葉「人は人、自分は自分」 タバコを好きな人が居れば嫌いな人もいる。 ワシはタバコが嫌いだし、全く吸わないがだからといって他の人に「吸わないでほしい、タバコが無くなって欲しい」とは思わない。 そりゃ間近で煙をムンムンされるのは嫌だが、わきまえて吸ってくれれば文句はない。

 それに江戸の物語ではキセルなんてのは欠かせない文化ではないか。 煙を燻らせ、ぽんぽんと吸殻をすてるしぐさも日本の歴史だ。 ワシのオヤジも煙で輪を作ったり、汽車のように小っちゃい輪っこを連続でだしてくれた思い出が今もある。 


 出版社は子供に江戸の文化や日常を伝えたくてこういう本を出版したと思うが、そんな思い、作者の気持ちなど抗議をした人間の頭の中には欠片も想像出来ないのだろう。 とにかくタバコ反対で目的意識だけが優先し、自分は満足だろうが、その本を見て育った子供や、これから読んで江戸に興味を持ったかもしれない子供の事を考えると随分、無駄な結果になったんじゃないかと寂しくなるばかりだ。

 出版社も「子どもの文化に関わる出版社として、今後は、子どもたちの未来と、その未来をとりまく環境にいっそう配慮してまいります。」なんて言葉で逃げないで堂々と戦わないと今後ますます、自分たちの首を絞めることになる。


 なんでもかんでも抗議する大人、 それをあっさり謝罪して逃げる大人。 これほど子供の未来に悪影響な事があるだろうか・・ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや、なんでこんなにこのニュースに腹立ててるのかなって
思ったので。

こんなもの、けっきょく人事だし。
あるものが駄目出しが入ること、その基準が信念や主義主張であること
こんなものは、星の数ほど日常的にあらゆる業種あらゆる場所でやってます
自粛する場合、当事者、協力者によって入る場合、管理者によって、消費者によってなどなど
いっくらでもありますわな。
まして基準が気まぐれや好み、偏見や機嫌、八つ当たりである場合だって
うんざりするほどありふれていますよね?

一体
>いちいちそんな事に目くじらを立てる人も問題だが
そんなことを言う人の心の中の、なにが
このニュースを
「いちいちそんな事」ではない、特別な事と感じさせているのかなって。

No title

>「いちいちそんな事」ではない、特別な事と感じさせているのかなって。


 いいですか? ここは昭和なお話ですよ。 こういう問題はいかにも現代風な出来事だから昭和おやじとしては特別なことなんですわ。

 でもこんなブログに食いつくあなたも昭和的で実によろしい^^

なるほど

ちょうど今日、友達とこの本の話をしてました。
違反云々を言うのはいいけど、本自体がタバコを推奨するものではないし、私も出版停止はやりすぎだと思うんですけどね。せめてそのページをカットして出せばいいのに。というか、「昔はこうだったんだよ~」「へ~」でいいじゃないかと思うんですけどね。
やれやれ、世の中にはタバコ農家っているんだから頭から何でも禁止禁止ってそう簡単には行かないと思うんですけどね~。

No title

6さん、 ワシとしては別にどこもカットしなくてもいいと思います。 世の中の流れは恐ろしいもんです。 法律でタバコが禁止されたならこういう抗議もしゃ~ないかと思いますが、普通に日常にあるものですからね。 たしかにポイ捨てや赤ん坊の居る所でパカパカ吸う人は許せませんが^^

 今の時代、表現方法もこれくらい気を使わなくちゃいけないなんてワシのは無理です^^

No title

たばこ=悪者という構図が出来てしまって、とりあえず子供といっしょに煙草があるところは叩いておこうと言うことでしょうか。
事なかれが主流ですから、たばこ=悪者なら、その本止めてしまえと、企業として「安全」な判断をくだしたのでしょう。

ニュースになるとということは、「そんなことまで!」と驚く人が多いからで、ということを裏から見れば、おじいちゃんにたばこくらいいいんぢゃないのという人がまだまだ多いのだと思います。

ニュースにもならなくなると、本当に昭和的・江戸的文化風景が、なくなっているということでしょうか?

とまれ、新しい年がまだまだ昭和的良さが残ることを期待して。
良いお年をお迎えください。

No title

鈴木さん、 たしかにそうですね。 記事にもならなくなった時は怖いですね。 最近は融通が利かなくなった。 ワシが人生で大事な言葉が「融通」です。 文句言うほうは楽ですが、それは回りまわって自分に帰ってきます。 その居心地の悪さを考えるとゾッとします。

 融通をきかせてのんびり過ごしたいですから。 今の時代に一番足りないものです。 

 今年はお世話になりました。 来年もよろしくお願いしますね^^
プロフィール

oyaji69

Author:oyaji69
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。