スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌謡曲のアレンジは・・・

歌謡曲にかぎらず(まあ演歌はアレンジしにくいだろうが^^)極端なアレンジには凄まじく落胆する。 基本的にレコード音源がオリジナルだと仮定するとTVで放送されたり、コンサートで演奏されるものも細かくはアレンジだろう。 でもオリジナルの雰囲気を持っていれば気にもならないが、余りにもイメージが離れるともう同じ曲を聞いているのかさえ怪しくなってくる。 

 歌手の声と同じようにイントロ、メロディや編曲もその曲を構成する大事なパートだからそれが少し違っただけでもイメージは大きく変わる。 イントロではホーンなのにギターになってるとか、間奏にこのメロディが入ってないなどそれだけでもテンションが下がるのだ。 だからレコードの新録音なんて良かったためしがない。 同様に「アコースティックバージョン」とか最近では「なんとかリミックス」だかほんとうに聞く側が喜んでいるのか疑わしい。 

 曲のイントロや間奏、メロディ以外の細かな音は編曲家によるものだと思うが、作詞家、作曲家と同様に編曲家という人がいかに重要か、凄い才能なのか再認識しなければならないだろう。 そう思いながら歌謡曲を聴くとその編曲テクニックの素晴らしさがよく判る。 ここにはこの音、楽器意外に考えられないなあと言うほど計算されているのだ。 だからこそ安易なニューバージョンなんてまったく心に届かないのだ。

 だからコンサートでは生演奏を下手にするよりオリジナル音源のカラオケにして欲しいと本気で思う今日この頃なのであった。 それにしても歌手が歌いたい物と客が聴きたい物には相当な隔たりがあるのかも知れない。 

 PS 「何も言えなくて・・・夏」 の冬バージョン「何も言えなくて・・ウインターバージョン」が出たときは「そりゃねえだろう!」と笑ってしまった。 もうなんでも出きるではないか! さすがに「暑中お見舞い申し上げます・・ウインターバージョン」は無理だと思うけど・・・・^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アレンジが変わってしまうと、違う曲になってしまいますよね~。
僕は、昔の歌をメインに聴いて懐かしさも含めて楽しんでいるので、アレンジが変わっているとがっかりしてしまいます。ベスト盤なんかで、「新録音」なんて書いてあると買う気が下がります(^^;

Re: No title

歌手はいつまでも同じ事をしたくないのかも知れないですね。 マンネリでは無いと。 でも聞く側はそのマンネリ(定番)を聴きたい。 歌い手、聞き手には隔たりがありますね。 
プロフィール

oyaji69

Author:oyaji69
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。