スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンディーズ  暑中お見舞い申し上げます

matsutakao1961-img600x450-12484180215kgb2l74492.jpg


 1977年。 我が人生の中でも最高の年だ。昭和歌謡というカテゴリーの頂点を極めた年とも言えるかもしれない。 この夏発売されキャンディーズの「暑中お見舞い申し上げます」 はインパクトの強い作品だ。

 小学生のワシは「暑中お見舞い」という言葉すら知らなかった。 この曲をきっかけに「暑中お見舞い」の意味を知るのであった。 キャンディーズの曲の中でも1,2位を争う好きな曲だ。 曲調の明るさとキャンディーズの歌声はまさに夏のイメージそのものである。 ワシの1つ下のいとこはしきりに同じフレーズ「受けてるみたいなううっうん!」 を色っぽく歌っては喜んでいた(いとこは、当時せんだみつお似の男子である) 

 しかしこの曲の発表後間も無く、有名な引退宣言がファンを驚かせたのであった・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キャンディーズいいですね

キャンディーズいいですよね!好きです。

> しかしこの曲の発表後間も無く、有名な引退宣言がファンを
> 驚かせたのであった・・・

僕の記憶では、この曲の後、怒涛のヒット連発(ピンレディーに拮抗)があって、その後で引退という感じです。
ん? 引退発表からけっこうシングル発表したという記憶もあるから、引退宣言自体は、「暑中お見舞い」後ぐらいだったのかな?

Re: キャンディーズいいですね

引退発表から引退まで9ヶ月くらいありましたからね。 暑中・・・の後は、3曲しかありません。 意外ですよね。 ただ「普通の女の子」発言から引退まではそれこそ怒涛の勢いというか社会現象にもなりましたからねえ。 密度は濃かったですね。 当時、熱狂的なファンでは無かったけど引退に向けての高揚感はビインビン感じてました^^
プロフィール

oyaji69

Author:oyaji69
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。